【広島,山口在住の小学生向け】自己表現ワークショップ<申込は24日まで>

【体験談】メキシコでの年越し

 初めてのホームステイで、メキシコに行ってきました。
ほとんど知らないメキシコ。
想像できるのは、メキシコ人は明るいおおらかな人達という事。

私自身、小さい事でも悩んだりしてしまう性格なので、

  • 前向きな明るいプラス思考のイメージがあるメキシコ人とお話ししてみたい!
  • どんな生活をしているのか知りたい!
  • お友達になりたい!

という思いでメキシコを選びました。

 行った時期は年末年始。どんな年越しを過ごすのかとても楽しみでした。

 空港の出口には一緒に行ったヒッポメンバーのホストファミリーが待っていてくれました。緊張の中、私の名前のプラカード持っていてくれた母娘の親子。笑顔で力強いハグをしてくれました。それで緊張が少しほぐれたのを覚えています。

空港で対面(本人・真ん中)

 家に着き、疲れている私を寝かせてくれました。起きると、近くの実家に連れて行ってくれました。すると、ホストママの高齢のご両親とお姉さんが迎えてくれ、「AYA〜!」とすぐに覚えてくれました。メキシコ滞在中、夕食はその家で食べました。

 年末年始は、親戚一同が実家に集まりました。私はホストと市場で買ったお米、マグロ、サーモンで太巻き、野菜の天ぷら、おにぎり、日本から持って行ったラーメンを作ってあげました。みんな喜んで食べてくれました。

年越しは、親戚一同手を結び輪になって、おばあちゃんの話を聞きました。スペイン語なのでわかりませんでしたが、所々のわかる単語、ジェスチャーで、神様への感謝、家族の話をしているのかな〜と思いながら聞いていました。とても神秘的でした。

 興味を持ってくれた折り紙を教えてたり、筆ペンで名前の当て字を書いてあげたりすると、とても喜んでくれました。

名前のプレゼントに喜んでくれたホストマザー
折り紙をプレゼント(本人・右)

 伝統的なメキシコ料理も頂きました。とても美味しかったです。

 あっという間の1週間も終わり、涙涙で別れました。スペイン語はほとんど話せなかったし、分からなかったですが、スペイン語のCDを聞いていた中での単語がホストファミリーから聞こえると、「あっ!あれだ!」と嬉しくなった事を覚えています。
 現地の人との交流は、何ものにも代え難い貴重な経験となりました。

(AYA・40代/関東在住)