ヒッポファミリークラブ熊本の最新情報や活動内容、体験会、講演会のご案内。お気軽にお問い合わせください。






RSS

Ringworld
RingBlog v3.24

<<前へ   次へ>>
2014年 10月 16日 (木)

息子が韓国へ行ってきました!

by ヒッポファミリークラブ熊本

CIMG4614.JPG
このたび、息子を二度目のホームステイに韓国へ送り出した折りに考えていたことは、
「去年の台湾でのステイ後にホストからスタッフを通じてクレームがきて、てんやわんやしたことを考えたら、今回、何があってもきっとなんとかなるだろうし、ま、いいかなー」という楽観的なことでした。
 迎えに行った下関港で韓国へ同行していただいた神川さんに、その考えを伝えたら、「よくないよー」と、即座に言われました。
その瞬間に自分が浅はかであったことを悟りました。
スタッフ、コーディネーターの皆さんは、毎回、事件、事故のないように細心の注意を払って見守ってくださっているのだろうに、無神経な一言だったと思います。
我が子のホストはうちにステイしていただいた方で私も気安かったとはいえ、初めて会う方々もいただろうし、初めての状況に遭遇したかもしれません。
「一期一会」を体験するのが我が子だとしたら、旅へ送り出す親もそれに備えて万全の準備と待機への心がけが私には足りなかったです。
つまり、本人に自覚はなくとも、子どもとはいえ「日の丸」を背負って交流してくる我が子の振るまいには責任を持つべく、日頃から躾をしよう、躾をするに価する人間になるよう自分も努力しよう、と。
「日の丸を背負って」... なんか違うかな?
国、民族、宗派関係なく、魅力的な人間になりたーい!
あー野望過ぎる... (^^;
泰興ががんばったところや成長したところですね。
台湾でもそうでしたが、
それでも「弱音を一切はかなった」ところかな。
去年はあっぱれと思ったけど、今年は本当に楽しかったんだな、と思えてほっとしたかな。
なんかさ、「外国へ行ってきた、ではなくて、大人から子どもまで知らない人とすごしたのが面白かった」、という感想に嬉しさにうち震えました。
ま、「日本語が通じて困らなかったから」なんでしょうけど(^^;
ありがとう☆
正直、私も泰興をまぶしく見ることがあったり、いや、やはりげんなりしたりの繰り返しですが(^^;
周りに自分をみとめてくれる大人がいるってことで子どもは自信を持つんだなーとも納得しました(^^)


ヒッポファミリークラブ
【お問い合わせ・お申し込み】

フリーダイヤル:0120-557-761(平日10〜16時)

>>> メールでのお問い合わせ
>>> ヒッポのことがわかる講演会・体験会情報


<<前へ 次へ>>